大阪府能勢町の野外活動施設「豊中市立青少年自然の家わっぱる」には哺乳類から植物や菌類まで、実に様々な生きものが棲んでいます。 しかも、その一つ一つを観察していくと、それぞれが生きていくために複雑に繋がり合い、森をつくっていることがわかってきます。ここでは、その小さな一つ一つの命を紹介しようと思います。

2019年9月11日水曜日

ニホンミツバチ

たくさんのニホンミツバチが固まりになって群がっています。分蜂(ぶんぽう)です。分蜂とは一つの巣の中で新しい女王蜂が生まれるとそれまでの女王蜂は約半数の働き蜂たちとともに新しい巣を求めて古い巣を出ます。つまり、子どもの世代に住んでいた家を譲って出ていくという習性があるのです。そして、新しい場所を探す担当の働き蜂が新しい棲家を見つけるまで、一旦、女王蜂を中心にしてこのように塊になるのです。
 こんな蜂の大群を目にすると、とても恐ろしく感じますが、ミツバチのなかまは蜂の中でもいたって大人しい種で働き蜂(全てメス)は毒針を持っているものの、巣を襲ったりしない限り人を刺すことはありません。そのため、人工的な巣箱で飼育され、人間においしい蜂蜜を提供してくれます。
 とはいっても、市販されている蜂蜜のほとんどはセイヨウミツバチという外国由来の種の蜂蜜です。ニホンミツバチの飼育はセイヨウミツバチと較べてずっと難しいようです。それでも、ニホンミツバチの蜂蜜は高値で取り引きされるため一部の養蜂業者では飼育され、蜂蜜が市販されています。また、一部の愛好家は飼育に挑んでいます。愛好家によるとニホンミツバチは「可愛くてたまらない」そうです。
 この2種類は見かけ上よく似ていますがセイヨウミツバチがやや大きく、腰のあたりの黄色っぽい帯が目立つことで見分けることができます。平野部の公園の花壇などではこの2種類のミツバチが花に集まり、蜜や花粉を集めている様子を観察できることもあります。(De)
ニホンミツバチ

セイヨウミツバチ(宝塚市で撮影)

2019年9月6日金曜日

ヤマカガシ

 蛇嫌いの方には申し訳ありません。今回は毒のあるヘビ、ヤマカガシの紹介です。わっぱるでは頻繁に見る生き物であり、また、注意を要する生き物でもあるので、掲載することにしました。
大きさは70~150cmで、模様は地域による変異が多く、関東地方では赤・黒・黄色の斑紋がはっきりしているのに対し、関西地方はオリーブ色などの単色のものが多いとされていますが、個体差もあり、はっきりとした模様のものもいます。ほとんどの個体は頚のところに黄色の模様がありますので、それで見分けることができます。
はっきりとした模様の個体
カエルが好物ですが水に入りオタマジャクシや魚も捕らえて食べます。よほど危機に瀕したときのほか、捕食のため以外にヤマカガシの方から噛み付くことはありません。毒は口の奥にある小さな牙から出します。しかし、首の後ろにある頚腺からも毒液を出しますので、噛まれなければ大丈夫と考えて頚のところを素手で掴むことは危険です。
2017年7月、兵庫県伊丹市の小学5年生の男子がヤマカガシに噛まれ、意識不明になったことがニュースで流れました。自分のカバンの中に入れて持ち歩き、取り出そうとして、手を入れたときに噛まれたようです。さすがに、このときのヤマカガシは身の危険を感じ、逃げ出そうと必死の行動だったと思います。
 生息場所は水辺や湿地とされていますが、わっぱるでは割とどこにでもいます。ヤマカガシと出会ったときはほとんどの場合向こうから去って行きますのが静かに見守ってください。(De)

2019年9月1日日曜日

セミの季節

梅雨が明ける前後からお彼岸が明けて秋風が吹くころにかけて、わっぱるの森はセミの合唱で賑やかになります。最初に夏の到来を告げるのはニイニイゼミです。
ニイニイゼミ
「チーー」という単調な響きですが、途中で微妙に音程が変わり、ニイニイゼミ一種類だけが一斉に鳴く森はかえって静寂さが際立つようで、神秘的な雰囲気を醸し出します。
ニイニイゼミの抜け殻は成虫同様、ほかのセミより小ぶりで、大抵どろをかぶった状態で残っているので見分けは簡単です。
ニイニイゼミの抜け殻

ヒグラシは早朝や夕暮れ時のやや薄暗いときに限って鳴きます。「カナカナカナカナ」と、まるで薄暗さに合わせたように悲しげな響きです。
ヒグラシ
胸部の背中部分の両端に鮮やかな青いラインが走っているのが見分けのポイントです。
手に取ると美しいセミですが、木に止まっていると目立ちません。
木に止まっているヒグラシ
概ね一夏中通して鳴くのがアブラゼミです。7月に入ると森はニイニイゼミとの合唱になります。
アブラゼミ
翅が褐色で不透明ですが、木肌の色に近く目立ちません。
8月に入るとミンミンゼミの声がひときわ目立つようになります。「ミーンミンミンミンミー」とはっきりとした旋律で大きな声で鳴きます。
ミンミンゼミ
関東の方では平地でも普通に見られるセミですが、西日本では平野部ではほとんど見ることができず、このセミの声をきくと、少し得をした気分になります。
わっぱるではお盆の前後からツクツクボウシが鳴き出します。晩夏を告げるセミです。
ツクツクボウシ
「オーシンツクツク・オーシンツクツク・・・オシオーシ」というような独特の旋律で鳴きます。子どもの頃、このセミの声を聞くと残り少ない夏休みを実感し、悲しくなったものです。
今日現在、わっぱるはこのツクツクボウシが主役でミンミンゼミが脇を固めます。そして時々か細くアブラゼミが最後の力を振り絞って鳴いています。
9月に入り、セミの合唱隊も最終楽章です。(De)

2019年8月28日水曜日

ヤママユ

ヤママユ♀
ヤママユは大型のガのなかまで、翅を広げた大きさは115~150㎜です。幼虫はコナラ、クヌギ、クリなどの葉を食べて育ちます。年一回の発生で、8~10月とされていますが上の画像は8月24日に管理棟の裏の壁面にとまっていたものです。全く同じ場所で昨年は8月23日に撮影されています。
昨年撮影のヤママユ(♀)
昨年の個体は全体に赤みがかった色合いですが、翅の模様・色合いの個体差が大きいこともこのガの特徴です。
 また、繭からとれる糸は天蚕糸(てんさんし)といい、高級な絹糸として長野県のある地域では昔から飼われ、ヤママユの養蚕が行われてきました。
明治以降、製糸が国策で行われるようになってから、皇居の一角に蚕室が設けられ、代々皇后による養蚕が行われるようになっていますが、現在は在来種の蚕と併せてヤママユによる養蚕も行われ、そのためのクヌギも植えられています。
ヤママユは日本の固有種ですが天蚕糸の生産のため、輸出もされています。
ヤママユ♀の胴体部分。「このモフモフ感がたまらなく可愛い」という人も少なくないんですよ。(De)

2019年8月23日金曜日

ルリボシカミキリ

ルリボシカミキリです。大きさ14~30㎜ほどの中型のカミキリムシですが、色が鮮やかなブルーでとても目を引き、虫好きにとっては大変人気のあるカミキリムシでもあります。7月末から8月に現れます。幼虫はコナラなど各種広葉樹の倒木や伐採木で3年ほどかけて育ち、成虫は花粉や樹液を食します。日本の固有種で各地にいますが生息地は限られているようで、大阪府レッドデータでは絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。わっぱるの森は広葉樹が多く、また、倒木・伐採木もあるので、この虫の生息環境に合致しているのかも知れません。このルリボシカミキリが飛んでいるのを目にすると森全体が一層美しいものに思えてきます。(De)

2019年8月20日火曜日

木の命と水害

昨年の夏、大雨のため、大路次川河畔の林は激流にさらされました。
そのため、それまで土だったところがえぐられて、土が流れ、そこに生えていたカキノキの根っこがむき出しになりました。
穴ぼこの右側にある木です。
それでも、がんばって生えていましたが、今年になってついに大きく傾いて川への入り口を塞いでしまいました。しかたなく、伐採しました。伐採した木は積んで土に還したり、クラフトの材料にしたり、乾かして薪にしたりします。
この木がここに生きた証として伐った材を削って、何本かスプーンをつくりました。
ところが、最近、気がつくと、土の中に残っていた根からいくつもの芽がでていたのです。
カキノキの復活です。
多くの広葉樹は切り株から萌芽する生命力があります。
根っこだけからこんなに萌芽更新するとは驚きです。
木はいつ死ぬのでしょうね?(De)

2019年8月11日日曜日

ヒラタクワガタ♂

やや平たい大型のがっしりとした体型のクワガタムシで、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタとともに日本の代表的なクワガタムシです。本州・四国・九州に生息しますが、西南日本に多い傾向があります。また、朝鮮半島から東南アジアにかけて多くの亜種が存在し、交雑による遺伝子汚染が懸念されている種でもあります。大きさは19~81㎜(オス)と個体により幅があり、小さいほど背中の光沢が増す傾向があります。幼虫はクヌギ・コナラなどの広葉樹の朽木や倒木で育ちます。一年あまりをかけて羽化し成虫になります。そしてこの種は成虫で越冬をします。(De)